FC2ブログ
   
05
1
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野菜の苗作り

5月5日  端午の節句
  昨年に続き自粛生活のこどもの日
 雨も降り 畑訪問もお休み
 早稲取り玉ネギが終盤となって耕作地が空いた
 次の作物を考えモロヘイヤとオクラの苗を作る事を試みる
   使用土①
 苗作り用土① 苗作り用土②
 使用土②
 苗作り用土③   苗用土④

 種蒔き
   オクラには使用土2をモロヘイヤは1と2を8:2に配合
    用土の量の関係で この様な配合になった(用土2が少々不足)
オクラ、モロヘイヤ苗作り 

 水を張った容器に土を入れたポットを浸ける。
 土全体に水が染みたら種を蒔く。
     オクラ5ポット、モロヘイヤ4ポット。
 薄く被土を行い軽く水を遣る。
 ベランダに来る野鳥対策。食卓の虫よけを代用。
苗の野鳥対策

 アサガオも苗を作る。
 数年前のアサガオの種が見つかった
 鉢が空いているので種を蒔いてみたが採取してから
 数年が経過しているので発芽するのか?
 土は使い古しに(活性炭)(アミノ酸)配合と用土1を使用した
アサガオ450

 久しぶりにベランダで苗つくりを行った。
 日差しと水分の管理が大変だけど頑張ろう。
スポンサーサイト



夏野菜定植終盤

5月4日 みどりの日
   爽やかなみどりの日 農園にて
 昨日ゴーヤ3種類定植
   あばし 白ゴーヤ デリシャスゴーヤ(細長)
ゴーヤ
今年はデリシャスゴーヤ(細長)を栽培する事にした。(楽しみ)
生でもOKとの事だがゴーヤは基本的に生で食す。

今日は畑のお仲間から球根ネギを頂いた。
早速 定植  球根の写真を撮り忘れた。
ラッキョでもない野蒜でもない分葱でもない形態だった。
分球で増殖するとの事、ネギ坊主は無いそうだ
球根ネギ

夏野菜その後
 茄子
  武蔵(中長)開花     庄屋大長(長~い茄子)
武蔵開花 庄屋大長

ピーマン 京みどり
 小さい幹に
花が付いているけど実るのか?
京みどり

 友人から頂いた種、播種して育てたパクチーに花が咲いた。
 2世が期待出来るだろうか。
パクチーの花

今日も農園のお仲間とのふれ合いがあり情報交換もあって
楽しい時間を過ごした。
コロナ禍の中でもこの農園が有って心のオアシス、感謝!

近隣の花々

 4月30日
   4月も今日で終わりです。
  朝から晴天、月末の所用で半日を費やした。
   歩きながら近隣の花々の写真を撮った。
   新芽は伸びて季節の花のリレーがリボンを繋ぐ。
  初夏の花が鮮やかに咲き始める。
 カリステモン「美しい雄蕊の意味」 ブラシノキ
  分布:オオストラリア、ニューカレドニア
   科名 :フトモモ科
   俗名:マキバブラシノキ属(カリステモン属
   常緑性低木~高木で5~6月に開花する
 花の付き方がブラシに似ているのでブラシの木と言われるようになった。
カリステモン
 
 ヒトツバタゴナンジャモンジャ)
  原産:日本(木曽川流域、対島など)
   科名:モクセイ科
       属名:ヒトツバタゴ属
  樹高7m~10m 落葉木 5月に4つに裂けた白い花を咲かせる 
 ナンジャモンジャ ナンジャモンジャ (2)

 ザンテデスキア(カラー)
  原産:南アフリカ
  科名:サトイモ科
  属名:サンテデスキア属(オランダカイウ属)
  湿地に生える多年草、草丈は70~100Cm
   (我が家は鉢植なので30~40Cm)
  5月~7月開花、白い花びらに見える所は仏炎苞、花序は
 中にある黄色い部分。
 カラー

 柘植
  日本固有変種 本州中南部石灰岩地に自生
  科名:ツゲ科
  属名:ツゲ属
  常緑低木、日本の伝統工芸に活用される。
  (柘植の櫛、印鑑、そろばん、将棋の駒、琵琶のバチ等)
   小さな蕾、図鑑を見ると地味な花と記されていた。
 柘植の蕾
 
  自粛生活が続き住居エリアから外に出る事を控えているが
 高齢者は引き籠る事により社会と分断され認知機能の低下や
 ロコモティブシンドロームに陥り易い。
  その弊害を避けるためにカメラを持ってテクテク歩く。
  路傍の事象に眼を遣り足を止めレンズを向ける。
  持ち帰った画像を整理しながら図鑑を見る。
  スマホのGoogleアプリ起動で「Googleレンズ」を使い
 簡単に対象物の画像から詳細の検索ができる。
  Google提供の便利な機能を使いながらの
 散歩もいいと思う。
  この機能の使用方法は高齢者大学校のLineCaféで
 紹介されていた。 

ひなた醤油作り開始

 4月26日 
  4月25日(日)絶好の醤油仕込み日 
  第5回 みんなのうえんひなた醤油作りがスタートした  
    醤油作りについての説明
 
IMG_3467.jpg 
   参加者 20人程で醪麹の塩切作業から保管場所に設置までの
  一連の作業を熟した
  醤油の材料
   ・醤油麹・・・丸大豆・小麦を醤油麹に漬けたもの
  今回は2か所の蔵から購入
    浅野や・・・岐阜県美濃加茂市
      塩きりなしの冷凍便(解凍して塩切)
 IMG_3479.jpg IMG_3471.jpg
   
   河村こうじや・・・三重県紀北町 2Kg塩きり済み
 IMG_3469.jpg IMG_3466.jpg
  
   ・塩  ・・・沖縄のシママース
    ・水   ・・・大阪市水道局( ^)o(^ )
     投入する塩の量を先に計測しておく
 IMG_3476.jpg

分量
 A樽・・・浅野や醤油麹
   ・麹 23Kg~25Kg
   ・塩 12kg
    ・水 32~34L
       分量の麹と塩を台に広げる
 IMG_3481.jpg IMG_3483.jpg
    一生懸命塩切中 塩と醪が馴染むまで手もみする
IMG_3488.jpg

 B樽・・・河村こうじや
  ・麹・・・23~25Kg
  ・塩・・・10Kg(すでに2Kgで塩きり済み)
  ・水・・・32~34L
         塩切行程はA樽と同様
 IMG_3497.jpg IMG_3498.jpg

         樽に移す
 IMG_3491.jpg IMG_3492.jpg

 加水
   投入する水の計量     
 IMG_3500.jpg
    加水は1/3入れて麹を救い上げる様にして混ぜる
  残りの加水の同様にして行う
   IMG_3502.jpg 
  
  撹拌 腕まくりをして素手で底の方からユックリ行う
 IMG_3501.jpg

 保管・・・埃や虫が入らないようにして寒冷紗を掛け保存する

以後の醪の管理
 天地返し・・・仕込み後2~3日後を2回
        3回目から1ヶ月間は1週間に1回
        以後9月迄は1ヶ月2回
        11月中旬~1ヶ月1回
 移動 状態管理・・・
        梅雨明けに倉庫から日の当たる醤油小屋に移動
        天地返しの度に 醪の状態を観察する
  当日の気温、湿度、醪の温度、味、香り、見栄えなどを
  記録に残し次年度の仕込み参考材料に使う
 10か月後美味しいひなた醤油の出来上がりが楽しみだ
  今年は醪麹が2種類あるので食べ比べの楽しみもある    

日本一長い藤棚ウォーキング

4月22日

 先日藤棚を見に行って来た。
気温も20℃を超えた晴天の日、ウォーキング日和
コロナ感染拡大で藤祭りは中止されていたが
1646mの長い藤棚は日本一という。
なだらかなアップダウンの藤棚の下を歩み写真を撮りながら
展望台へと向かう。
エントランスの辺りはまだ蕾が多かった。
 案内板 藤棚①
       園内地図とエントランス
  少し上がると健脚コースと藤棚ロードに分かれる。
 健脚コースは階段500段あるそうだ。
  かなり坂の階段が・・・藤棚コースを選ぶ
 藤棚② 藤棚⑥
        藤棚の下を余裕でユックリ歩く
  少し進むと花は満開に近くなり写真を撮りながら進む
藤棚⑨
   藤の木の太さを見ると樹齢は???
 藤棚③ 藤棚④
 ピンクの花の品種があり目を見張る 今回の目当てでもあった。
藤棚ピンク⑤
   
   標識を見て興味津々 覗いて見る事にした
標識
  斜面に傾いた建物がある   アスレチック(閉鎖中)
 ミステリーハウス アスレチック
   ミステリーハウスは床も傾いていて一歩踏み込むが、
  平衡感覚を失いフラフラ・・・危ないので入場を諦める。
   アスレチックは閉鎖中だった。
  やっと展望台、登ってみたが風が強かったので
 鉄骨の塔が揺れて?気のせいかな、足が竦む。
藤棚展望台⑦ 

  展望台よりの 藤棚ロードと 眼下の風景(棚田?)
 藤棚展望台より⑧ 展望台より

  帰路 近道と言って健脚コースを下る人も・・・。
 この階段を下りるのは、やはり勇気が必要!藤棚ロードを選ぶ。
藤棚健脚コース展望台より

  最後にエントランス付近から健脚ロードを仰ぐ。
藤棚健脚コースエントランスより
 ツズラ折れの白藤の棚の下をユックリ上がる人も居るだろうか
此処を登って帰りに藤棚ロードを吟味しながら降りるのもいいね。

 目覚めて少し寒かったが爽やかな晴天に誘われハンドルを
握ると思いのまま・・・。
 快適なドライブ、春の一コマ貪りにまっしぐら。
 里山を走り新緑に癒され綺麗な物を見て心和み
本来の奔放癖を満喫出来た1日だった。

プロフィール

yasai817

Author:yasai817
ジャンルに拘らず、徒然なるがままに呟きたい。
残りの人生背伸びせずに、だが何事にもトライしながら
スマートエイジングを楽しみたい。

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる